天然住宅バンクは「住まい手、山林、作り手、環境・・・みなが幸せになることを目指す」というコンセプトを達成するために、支援を行っていきます。

  • 天然住宅バンクについて
  • 天然住宅について
  • コモンズの森をつくろう!
  • カーボンオフセット
  • 融資
  • 出資
  • 研究

3/24up:天然住宅バンクより、「くりこま募金」のお願い  2011.3.24  2011.3.24

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 3/24up:天然住宅バンクより、「くりこま募金」のお願い
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

 今回の大地震で最大震度を記録した宮城県栗原市に、私たちがともに活動している「栗駒木材㈱」があります。安全な木材を供給してくれている誠実な会社です。彼らのところでは、幸いスタッフも家族にも、工場自体も大丈夫でした。
 ところが震災で連絡が取れなくなっていた間に、彼らは地元のNPOと連携し、被災者の救援・受け入れ、そして誰にも気づかれない小規模避難施設へと救援物資を送り届けてきたのです。そして連絡が届いた第一声は、「恥ずかしいけれどおカネが底をついたので支援してほしい」というものでした。

 彼らは小さな発電機はあるものの、暖房器具のない避難施設にペレットとペレットストーブを届けたり、必要な物資を自らのトラックと貴重な燃料を使って届けていました。ストーブは「とても暖かい」と喜ばれたそうです。
 一般社団法人の「天然住宅」も、彼らの想いに賛同し、少しでも活動を支えるお手伝いができたらと共に活動をはじめました。
http://tennenjutaku.seesaa.net/article/191227826.html

 ご存じの通り、今回の震災による津波、そして原発事故による被害はとても大きく、被災地、被災者への支援が必要です。しかも今なお福島原発が放射能を流し続けているように、長きに渡り支援が必要とされます。
 私たちは、この支援活動を一時的のものでなく、「持続できる社会」になるまで、継続的に行っていこうと思っています。最終的には彼ら自身の力で、彼ら自身の生活が成り立つようにしていくことが必要なのですから。

 そのために必要な活動資金を、栗駒木材を経て地域の被災者への義援金として集めたいと思っています。彼らの現状の被災を回復し、彼らへの想いや共感を形にして届けていきたいと思います。折りしも2011年3月24日の今日、交通は回復しました。物資の不足はこれから解消されていくと思います。しかし栗駒木材が負担してしまった救援費用と、今後の生活の回復のために、お気持ちを寄付していただけますと幸いです。

 振込先は、非営利のNPOバンクである「天然住宅バンク」でいったん受け取ってから届けます。以下の口座にお願いします。
 皆さまからのご協力、心よりお願い申し上げます。

****

振込先は下記の通りです。

●ゆうちょ銀行 目黒柿の木坂
00110-2-651692
天然住宅バンク(テンネンジュウタクバンク)

※他行等からゆうちょ銀行へ振込の場合
店番:0一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目:当座
口座番号:0651692

振込用紙の備考欄に必ず「震災支援」と明記してください。

ゆうちょ銀行でお振込ができない方、西武信用金庫でも承っております。
その場合、備考欄への記載の有無に関わらず、
こちらでは「震災支援」なのか「通常の出資」なのか
確認をとることができません。
お手数ですが、必ずメールや電話にてご連絡いただきますようお願い致します。

●西武信用金庫 中目黒支店
普通 2039060
天然住宅バンク(テンネンジュウタクバンク)

皆さまのご支援、ご協力を心よりお待ち申し上げます。