天然住宅バンクは「住まい手、山林、作り手、環境・・・みなが幸せになることを目指す」というコンセプトを達成するために、支援を行っていきます。

  • 天然住宅バンクについて
  • 天然住宅について
  • コモンズの森をつくろう!
  • カーボンオフセット
  • 融資
  • 出資
  • 研究

皮むき間伐ツアー@くりこま 【2011.4.29~5.1】~その2~  2011.5.17  2011.5.17

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 皮むき間伐ツアー@くりこま 【2011.4.29~5.1】~その2~
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

皮むき間伐ツアー@くりこま 【2011.4.29~5.1】~その2~

【2日目】

渋滞のためプログラムが多少変更し、今日のプログラムは午前:皮むき間伐、午後:伐採と少しハードです!がんばっていきましょう!

朝、全6班。グループリーダーを中心にグループごとに分かれます。

 

全員そろったら、大場さんの説明があり、

 

そこから、皮むき間伐のポイントまで約2キロの道のりを歩きます。

 

途中で噂の「ベイビーちゃん」に出会います。

 

さて、ポイントにつくと、班毎に分かれて間伐開始です!

 

まずはじめに各リーダーによる、デモンストレーション。

 

白い粉が出てくるまでのこぎりで切り目を入れて、これを一周。

 

次は、木べらでを皮の間に入れ込んで,

つかめるくらいになったら一気にむくっ!

 

全部キレイにむくと、こんな感じに!

それでは、みなさんでやってみましょう!

 

お子さんでも、女性でも、簡単にむけちゃうんです。

 

皮むき間伐ができる時期は4~8月中旬の木が水を吸っている時期だけ。

時期がずれると、水分がなくなり、皮がスルンとむけなくなってしまいます。

東北は寒いので、少し早かったのか、むけにくい木も散見されました。

こんな感じで。

 

でも大半の木はつるんといけます!

このように。(長い!)

 

切れないときはねじって、ねじって、それでもだめなら、

助けを呼んで!

ねじって、

相談して、

引っ張る!

やっと切れた!

チーム奈良、皮むきノルマ達成!

(心なしか、したり顔です)

皆すごく上手くなってきました!

 

 

 

 

 

 

日本は意外にも森林が多い国です。

国土の70%が森林。

にもかかわらず、木材の自給率は20%ととても低く、安い外材に頼っています。

遠くの国から運んでくる外材は、もちろん燃料をたくさん使います。

また、防腐処理などを施されており、有害な物質をたくさん含んでいます。

その木材が安い家具などになり、私たちの身の回りに並んでいるのです。

安い外材が使われると、日本のまじめな林業は育ちません。

山や森林を守りながら、育てた国産の木材は、手間も時間もかかるので、どうしてもコストが高くなってしまいます。すると林業では食べていけなくなり、捨てられる山が増えていくのです。

良質の木を育てるには、山を手入れしなければなりません。中でも重要な仕事のひとつが、間伐です。

今回のツアーは、皮むき間伐という誰でも簡単にできる方法で、楽しく林業体験しながら、有効に間伐もするという大変すばらしい企画です(自画自賛!)。

4~8月の木が水を吸い上げている時期に、皮をむき、立ち枯れさせます。

すると半年~1年後伐採するころには、木から水分がなくなるので、伐木は軽くなり、運びやすくなります。また、材として使う際にも、乾燥する時間を大幅に縮めることができます。

 

そう、そんなまじめな話を忘れちゃうくらい、ハマるんです!

 

むく木には前もって、栗駒木材の方々が印をつけてくれていましたが、

最後には、「むく木がありませーん!」ってくらい皆さんいい仕事をしてくれました笑

 

来年にはこの木が立ち枯れし、伐採できるようになります。

待ち遠しいですね・・・。

・・・午後には、去年むいた木を伐採するんですけどね!(効率的!)

一旦、エコラの家に帰り、昼食です。

メニューはカレー。ひと時の休息。

でも、まだまだ終わりませんよ!

午後、パラパラと雨が降り始めました。

雨の中、軽トラと

 

(よい子はマネしないでね!)

戦車みたいな乗り物にのり、伐採ポイントへ。

 

今回伐採する木は去年、皮むきした木です。

(去年7月の皮むき間伐ツアーの様子)

http://www.tennenbank.org/blog/?p=146#more-146

さて伐採が始まります。

雨で少し寒かったのですが、伐採が始まると皆、夢中に。

この頃になると、皆さん、山の男(女)の目つきになっています。

 

のこぎりで倒す方向に受け口を作ります。

 

倒れそうなところまで切ったらとにかく押す!

 

枝に引っかかって、なかなか倒れないところもありましたが、

そんなときは、勢いをつけて、木をしならせ、みんなで協力して、

「せーの!せーの!」って倒します。

 

皮むきをしておいた木はとても軽くなっていました。

 

女の子でも持てちゃいます。(かわいい!)

太い木は、チェーンソーで。

優さん、試しに皮をむいていなかった木も伐採。後ほど、重さを比べます。

倒した木は運びやすいところまでみんなで運びます。

皮むきしてある木はこんな感じに。

皮むきしてない木は断然重い!皆で運び出します。

こんな感じに。

「お疲れ様で~す」(これはこれで、楽しそうです!)

木って水分をたくさん含んでいるんですね。

伐採し終わったら、少し晴れ間がさしてきました。

「見てください、森が明るくなったでしょ!」(本当だ!)

これなら、立派な木が育ちそうです。

みんなで記念撮影!

一日中、山の仕事はハードでしたが、表情からは達成感がうかがえます。

さて、宿へ帰って温泉、今夜の夕食はなんと・・・BBQです!(また!)

(つづく)