天然住宅バンクは「住まい手、山林、作り手、環境・・・みなが幸せになることを目指す」というコンセプトを達成するために、支援を行っていきます。

  • 天然住宅バンクについて
  • 天然住宅について
  • コモンズの森をつくろう!
  • カーボンオフセット
  • 融資
  • 出資
  • 研究

【報告】栗駒皮むき間伐&植林ツアー  2013.6.12  2013.6.12

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【報告】栗駒皮むき間伐&植林ツアー
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed

5/24~26、毎年恒例の皮むき間伐&植林ツアーに行って来ました!

 

初日。東京駅から総勢20名でバスに乗り合わせ、栗駒に向かいます。車中、休憩を挟みながら二時間あまり田中優による講演です。話の内容はは林業、住宅、放射能、オフグリッドと幅広く、内容が濃い。

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると(8時間くらい)手のひらに太陽の家に到着。ここは、福島から被災者を受け入れる保養施設です。栗駒の木材で建てられ、空気感、手触り最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着すると、くりこま高原自然学校の佐々木校長からお話をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

10余年前に東京から栗駒に来て、くりこま高原自然学校を始めました。佐々木校長のすごいところは行動力と実行力。この太陽の家は佐々木校長の実行力の賜物です。

食事の後、再び優さんの講演。

その後、優さん、佐々木校長を囲んでの談笑は深夜まで続きました。。。

 

2日目。

太陽の家で朝ごはんを食べ、出発。食事を作ってくれた太陽の家の皆さんありがとうございました。仲良くなった子供たちともさよならです。

 

 

 

 

 

 

 

 

バスで2時間、山の麓の保養所に着くなり着替えて作業です。そう、今日は一日森仕事です。

午前中は植林です。

栗駒材を使っている山梨の工務店さんと1000本の檜の苗を植えます。

それでは、かわいいSくんと一緒に明日から使える植林の手順をご説明しましょう!

まず、深さ30センチ程の穴を掘ります。(これがけっこうな重労働です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

穴ができたら、苗を植えます。根っこは定着しやすいように足を広げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

苗には表と裏があります。表を南に向けて植え、土をかぶせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

苗の先を持ち、周りの土を踏み固めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に湿気が逃げないように周りの枯れ草を根っこを隠すように添え・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ポーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

よくできました。(ポーズは各自お好みでOK!)

これを等間隔に行います。

もちろん、午前中だけでは終わらないので、残りの植林は工務店の皆さんにお任せします。

お昼を食べて、午後は天然住宅バンクのメンバーはいよいよ皮むき間伐です。

トラックに乗り込み皮むきポイントまで運ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

優さんによるデモンストレーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

午後の作業が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年々、皮むきする森の勾配がきつくなっていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまくいくとこんな感じに。

 

 

 

 

 

 

 

 

むけにくい《ハズレ》もありますので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして。。。

今年もむき終わりましたー!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、戻って温泉に入って、夜はBBQです。

その前に、牛さんたちにも挨拶を。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も下草をたくさん食べてくださいね。

あんまり脱走しないでね。

(大場さんは1日目~2日目まで柵作りに追われていました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

栗駒の山には今年から山のほとりに、木を切り出す「きこりさん」に住んでもらっています。

細かい山道をつくったり、木を切り出したり、牛の世話をしたり、専業でこの山を管理してくれています。

おかげで天然住宅では、家に使う木材の「始めの始め」から、顔の見える木材を使用することができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

左が瀧川さん、右が伊藤さんです。ぜひ実際に来て、お話してみてください!とても優しい人たちです。

きこりの伊藤さんはジャズが大好きで、保養所では夜まで静かにジャズが流れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今日も遅くまで語らう森好きの人たち。。。

 

最終日は、栗駒木材を見学です。

保養所をあとにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

栗駒木材では大場さんが製材所をまわり、説明してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

建物(左)はくんえん乾燥炉。

大人たちは学び、

子供たちは走り回ります。

最後に天然住宅代表相根昭典によるお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼を食べ、2泊3日の全行程、これにて終了です!

今回の参加者は、皆様本当に素敵な方ばっかりで、みんな初対面なのにとても仲良くなりました。

別れが惜しいです。

でも、

今後も、日本の森を愛し、

活動を続けていけば、

きっと、どこか出会えるでしょう。

その日が訪れることを信じて、

またその時にはもっともっと日本の森と森を守る人々が、豊かになっていることを信じて、

ひとまず、お別れです。(しみじみ)

お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、次回は12/21~23で伐採ツアーがあるので、それまで待てない方は是非こちらへ。